5アンダーで4人がトップに並ぶ…男子チャレンジツアー

ParOn.(パーオン) / 2014年6月12日 17時23分

富士カントリー可児クラブチャレンジカップ(6月12~13日、岐阜県・富士C可児C 可児ゴルフ場 志野C、7140ヤード、パー72)

 12日、ジャパンゴルフツアー・チャレンジトーナメント第4戦、富士カントリー可児クラブチャレンジカップ初日が行われ、狩俣昇平、ピーター・ウィルソン、松本成太、服部大輔の4人が5アンダーでトップに並び、混戦模様を呈している。

 4アンダーで1打差の5位タイには、大会連覇を目指す近藤龍一や竹谷佳孝ら6人が追走。浅地洋佑、横田真一は2アンダーの23位タイ、細川和彦、伊藤誠道は1アンダーの37位タイ、川岸良兼、今平周吾はイーブンパーの58位タイにつけ、田中秀道、田島創志、桑原克典らは予選落ちを喫した。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング