R・マキロイ「残りはまだあるし、楽しみ」

ParOn.(パーオン) / 2014年6月14日 11時38分

全米オープン(6月12~15日、米国ノースカロライナ州・パインハースト ナンバー2、7562ヤード、パー70)

主な選手のコメント

ブレンドン・トッド(3バーディ、ノーボギー、67、通算4アンダー、2位)
「昨日よりも今日のほうがいいショットが打てた。このコースの芝質とかも合っていると思う。後半はバンカーからいいパーセーブもあったし良かった。午前組のプレーをテレビで見ていたけど、17番でマーティン・カイマーがピンの左3メートルくらいに乗せたのに、納得していなかった。それくらい今彼は自信を持っているということ。この1カ月は僕もいいゴルフをしているので、明日最終組で回ることに不安はない。落ち着いてプレーできればいいプレーができると思う」

ブラント・スネデカー(4バーディ、1ダブルボギー、68、通算3アンダー、3位タイ)
「いい日だった。ミスが一つあったけど、それ以外はいいショットを打てたし、チャンスも作ることができた。後半はいいセーブもできたしおおむね満足だ。何が起こるか分からないから楽しみ。彼(マーティン・カイマー)の位置にいられたらいいけど、全米オープンではどんなリードも安全ではない。コースもとても難しいしからね。でも彼にできるならみんなに可能ということ」

ダスティン・ジョンソン(4バーディ、3ボギー、69、通算2アンダー、5位タイ)
「悪くはない。手堅くプレーできた。6番で短いバーディパットを外した以外は良かったし、いい位置で戦えた。今の2アンダーは、スタート前を考えれば上出来。でも8打差もつくとは思っていなかった。だいたい二日間で3アンダーから5アンダーくらいがリーダーだとは思っていたけど、マーティン(・カイマー)がすごくいいプレーをしているね。決勝ラウンドに向けてやることは変わらない。やるべきことをやるだけで、何があってもゲームプランは変わらない。アンダーパーで回ることに集中する」

ロリー・マキロイ(3バーディ、1ボギー、68、通算1アンダー、10位タイ)
「(3年前に独走したことについて)6打差あれば次は7打差、8打差まで広げようと思うことが大事。特に全米オープンのようなコースでは、守ろうと思って守れるわけではない。とにかく前に進み続けるしかない。今週はいいプレーができている。特に今日はグリーンを外してもパーを拾いやすい場所に外したので良かった。まだまだ残りはあるし、どうなるか楽しみだね」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング