酒井美紀、実は憂うつ? オープンウイークが来てほしくない理由とは?

ParOn.(パーオン) / 2014年6月19日 18時10分

サイバーエージェントレディスでの酒井美紀。痛みに耐えながら13位タイフィニッシュを決めていた  ニチレイレディス(2014)(事前情報)

ニチレイレディス(6月20~22日、千葉県・袖ケ浦CC新袖C、6584ヤード、パー72)

 今季、開幕戦のダイキンオーキッドレディスで予選落ちを喫したものの、2戦目のヨコハマタイヤ PRGRレディスカップで涙のプレーオフ敗退を皮切りに、ここまで15戦連続出場、14戦連続予選通過(うちトップテン5回)、賞金ランキング8位と好調の酒井美紀。シーズンも中盤に入り、休養を取ったり、成績を崩したりする選手も多い中、コンディション抜群だ。

「プロ転向した年に、ファイナルQTで44位と、毎週試合に出られるか出られないかボーダーラインの順位だったんです。試合会場にウエーティングに来て出られなかった……ということも多く、今は試合に出られるのに休むなんてもったいなくて。絶対休みたくないんです」

 そんな酒井を襲ったピンチが、サイバーエージェントレディスで“親しらず”が腫れたこと。前週のフジサンケイレディスクラシックのときに頭痛で夜眠れなくなり、サイバーエージェントレディスでは食事もとれないほどの歯痛が襲ったという。練習ラウンドもできないまま試合を迎え、翌週のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップでは首から肩にかけての筋まで腫れが広がり、テークバックが取れないほどにまでなった。

「クラブが振れないので、打球は全部トップでゴロ。曲がらないからいつもとスコアは変わらないのですが、今までにないぐらい内容はひどいゴルフでしたね。姉からも“棄権したら?”といわれたのですが、やっぱりもったいなくて……」

 その後は、腫れもひき、現在はクラブも思うように振れてきたため、3週後のオープンウイークまで休まずに出場を続けるつもりだ。

「でも、オープンウイーク、来てほしくない気持ちもあるんですよね……。“親知らず”の抜歯をここでやろうと思っていて……。しかも生え方で2回に分けて処置をしなければいけないとか、体質的に麻酔が効きにくいとか……。お医者さまのお話しを聞くと怖くて」

 貴重なオープンウイークのたった一つの大きな“憂うつ”を吹き飛ばすべく、今週も念願の初優勝に向けて初日を迎える!

文・武井真子

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング