【コメント集】星野英正「安全に安全にと思って一日やりました」

ParOn.(パーオン) / 2014年6月19日 20時39分

2008年大会に優勝し、いいイメージがあるという星野英正 日本ゴルフツアー選手権森ビル杯(2014)(1日目) 写真・村上航

日本ゴルフツアー選手権森ビル杯(6月19~22日、茨城県・宍戸ヒルズCC、7402ヤード、パー72)

星野英正(1位タイ、7バーディ、1ダブルボギーの67、5アンダー)※2008年大会優勝
「(18番のダブルボギーは)バンカー目玉でした。上出来ですよ。今朝はコースに来て、安全に安全にと思って一日やりました。調子は日替わりで、スイングも4日間同じなんていうのもあまりないし、でも勝っているコースなので、いいイメージはありますよ。とりあえず予選は通らなければいけないので、明日は少し気が楽になりました」

細川和彦(1位タイ、6バーディ、1ボギーの67、5アンダー)※2005年大会優勝
「かみ合いましたね。今週からドライバーのシャフトを軟らかくしたんですよ。若いときとリズムが違うのでそれに合わせてやらなければダメですね。日本プロの手嶋(多一)さん、富士可児チャレンジの鈴木(亨)さんを見て、本当にそう思いました。体調は大丈夫です、頭だけ(笑)。でも体力の衰えを感じますし、その中でも自分のゴルフをやらなければいけない。とりあえず明日は予選を通らなきゃね」

藤田寛之(13位タイ、5バーディ、2ボギーの69、3アンダー)
「スタートとしては満足のスコア、明日からもこの調子でやっていきたいです。コースコンディションは非常に良く難易度も高いと思います。ダボやトリが平気で出ちゃうようなホールもあるので、それがないように頑張りたい。(優勝?)そこまでテンションは上がっていかないですね。ショットがもう少し良くなれば……」

宮里優作(64位タイ、2バーディ、3ボギーの73、1オーバー)
「全然ダメでしたね。前半は良かったんですけど、後半がダメ。逆球が出ちゃって……。グリーンは軟らかいですね。いつもは重いのでイメージが違うので、うまくいかないです。火曜に練習ラウンドをやってなくてプロアマも9ホール、今日が練ランという感じでした。明日からは切り替えていきたいと思います」

小平智(105位タイ、1イーグル、1バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの76、4オーバー)※ディフェンディングチャンピオン
「今日はドライバーの調子が悪くて、3番では当たりが悪くてダボ。あそこで流れが変わってしまいました。それでも10番でイーグルを取ったり、後半はわりといいゴルフができたと思います。去年のイメージのままでラウンドしていたら宍戸は難しかった。まずは明日予選を通れるように頑張ります」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング