先輩ママ・佐々木慶子がツアー初優勝に向け好発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年6月26日 20時27分

娘を保育園に送り届けてからコースに向かったという先輩ママ・佐々木慶子 アース・モンダミンカップ(2014)1日目) 写真・鈴木祥

アース・モンダミンカップ(6月26~29日、千葉県・カメリアヒルズCC、6516ヤード、パー72)

 茂木宏美の復帰戦に注目が集まる中、初日ノーボギーの4アンダーをマークして3位タイでホールアウトしたのは、茂木と2002年のプロ入会同期でママさんとしては先輩の佐々木慶子だ。

 03年にステップ・アップ・ツアーで初優勝。その後結婚し、10年3月に女の子を出産。11年の開幕戦からツアーに復帰し、13年には10年ぶりにステップ・アップで優勝を遂げた佐々木だが、先輩として今回の茂木の復帰をどう見るのか?

「子どもの話は少ししましたよ。火曜日に練習を見ましたが、よさそうだったのでスゴイなーと思いました。早い復帰だなと思いましたが、妊娠中もトレーニングをしていたみたいですし、相当頑張ったんだと思います。私の場合は完全に休んだので、復帰後は飛距離も全然出なくてダメでした」

 茂木の復帰を賞賛する佐々木だが、実はこの日は4歳の娘を保育園に送り届けてからコースへと車を走らせた。

「スタートの3時間半前にコースに着きました。昨日もおとといも雨でパットの練習ができなかったので、朝早く着いて時間ができて練習できたのがよかったです。少しハンドアップにして、右手の使い方を変えたら今日はパターが入ってくれました」

 ママとしての務めを果たしてコース入り。今度はゴルファーとしてもきっちり仕事をこなした佐々木だが、最近愛娘から言われることがある。

「去年ステップで優勝した時のDVDを娘が見ていて、『10年ぶりってすごいね』といってくるんです。分かるみたいですね。プロゴルファーになりたいといってくれますが、いろんなスポーツをやってみて、それでも本人がゴルフをやりたいというならやらせてもいいかなと思います」

 厳しい世界を知るだけに複雑な心境だが、佐々木にとってレギュラーツアー初優勝は悲願。

「予選通過すれば土日は見に来ると思います」

 好スタートを切った今、上位進出して愛娘に強い母を見せたいところだ。

文・高桑均

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング