宮里藍 好相性の試合で雑にならないように攻めたい

ParOn.(パーオン) / 2014年6月27日 11時44分

一昨年の覇者・宮里藍が、2年ぶりの優勝を狙う ウォルマートNWアーカンソー選手権(2014)(事前情報) 写真・Getty Images

ウォルマートNWアーカンソー選手権(6月27~29日、米国アーカンソー州・ピナクルCC、6389ヤード、パー71)

 現地時間27日に開幕するウォルマートNWアーカンソー選手権。先週、悲願のメジャー初制覇を果たしたミッシェル・ウィーをはじめ、昨年覇者で連覇を狙う朴仁妃、ロレックスランキング1位のステーシー・ルイスらが出場するなど、全米女子オープン明けの試合ながら、豪華な顔ぶれで争われる。

 日本からは宮里藍、宮里美香、有村智恵、上原彩子、野村敏京と、こちらも5人のツアーメンバーが勢ぞろい。全米女子では残念ながら予選落ちを喫した宮里藍だが、一昨年にこの大会を制しており、その前年も3位。

「この大会は好きな試合で、地域の人の応援もうれしい」

 と、好相性の試合でいい雰囲気の中でプレーができる点は好材料といえそう。

「先週の予選落ちのあと、パインハースト ナンバー2でお父さんと練習して、パターのテークバックを少し小さくしました。その感覚がよかったし、2年前優勝した時のパッティングイメージで、雑にならないように攻めていきたい」

 と、今季課題としていたパッティングも徐々に復調ムードで、ロングホールでのバーディチャンスをいかにものにできるかが勝敗のカギといえそうだ。

 また、昨年は宮里美香がトップから1打差の3位、有村智恵も7位タイに入るなど、優勝争いを演じたコース。3日間の短期決戦で、初日は雨予報が気になるところだが、日本勢にとって好成績を残している相性のいいピナクルCCで、今年も上位をにぎわせてもらいたいところだ。

上原彩子のコメント
「先週と変わって、グリーンも芝もやわらかい。トリッキーでおもしろいコースです。初日が大事になってくると思うので、目標のスコアは決めず、1打1打しっかり集中してやっていきたい」

野村敏京のコメント
「先週は、ハワイでゴルフをしたり遊んだりしてリラックスしました。ショットもパッティングも悪くないので、コースマネジメントが重要。(2011年に)最終日いい位置にいたのに、15番からダボ、ダボと崩れてしまったので…(笑)」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング