甲斐慎太郎が通算12アンダーで逆転V…男子チャレンジツアー

ParOn.(パーオン) / 2014年6月27日 14時37分

LANDIC ゴルフトーナメント2014 アソシアマンションメモリアル(6月26~27日、福岡県、芥屋GC、7149ヤード、パー72)

 27日、ジャパンゴルフツアー・チャレンジトーナメント第5戦、LANDIC ゴルフトーナメント2014 アソシアマンションメモリアルの最終日が行われ、通算12アンダーをマークした甲斐慎太郎がチャレンジツアー初優勝を果たした。

 トップから5打差の23位タイからスタートした甲斐は、序盤から快調にバーディを重ね、前半だけで5つスコア伸ばすと、後半も上がり5ホールで4バーディ。結局、ボギーなしの9バーディで、この日ベストスコアの63で逆転Vとなった。

 アマチュア時代は日本アマ、日本学生を制し、2004年にプロ入りした甲斐。08年にはバナH杯KBCオーガスタでツアー初優勝を果たしたが、11年には賞金シードを失っていた。この優勝で、長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント(7月3日~6日、ザ・ノースカントリーGC)とアールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント(8月28~31日、芥屋GC)の出場権を獲得。今度はレギュラーツアーでの復活Vを期待したい。

 トップから1打差の2位には渡部光洋が入り、さらに1打差の3位は正岡竜二。初日トップに立った沖野克文は、スコアを二つ落とし、通算6アンダーの13位タイに終わった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング