第2ラウンドが終了し、宮里藍1打及ばず予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2014年6月30日 1時5分

ウォルマートNWアーカンソー選手権(6月27~29日、米国アーカンソー州・ピナクルCC、6389ヤード、パー71)

 現地時間29日早朝、2日目悪天候によるサスペンデッドで中断した第2ラウンドが再開し、すべての選手がホールアウト。通算イーブンパー55位タイまでの73名の予選通過が決まった。

 宮里藍は残り5ホールをプレーし、17番でバーディを奪って通算1オーバーでホールアウトしたが、1打及ばすに73位タイで予選落ちが決まった。

 有村智恵は、残り2ホールをプレーし最終18番をボギーとして、通算4オーバーの102位タイ、すでにホールアウトしていた上原彩子とともに予選落ちとなった。

 宮里美香が44位タイ、野村敏京が55位タイで最終ラウンドに進んだ。首位のミッシェル・ウィー、2位の柳簫然(韓国)と上位陣に順位の変動はないまま、大会は最終ラウンドを迎える。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング