【コメント集】森田理香子 リズムを気をつけてやりたい

ParOn.(パーオン) / 2014年7月11日 7時30分

いいショットもパッティングもあったと振り返る森田理香子 全英リコー女子オープン(2014)(1日目) 写真・村上航

森田理香子(2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの75 3オーバー、47位タイ)
「14番まではよかったのですが、15番(ダブルボギー)でリズムがちょっと速くなってしまいました。あとはマネジメントですね。緊張した中でのスタートで、いいショットもあったし、いいパッティングもありました。風が強いところでやるのは慣れていませんが、自分でコントロールしていかないといけない。明日はリズムを心がけてやりたい」
野村敏京(3バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの75 3オーバー、47位タイ)
「初めての全英リコー女子オープンは楽しかったです。今日は練習ラウンドと違ってティショットもアイアンショットも飛距離が出てしまい、計算が難しかったです。アドレナリンかもしれません。ショットはいいし、パッティングも悪くはありません。明日はバーディをたくさんとって、3アンダーで回りたいです」
渡邉彩香(3バーディ、7ボギーの76 4オーバー、63位タイ)
「ティショットをブッシュに入れたり、ダブルボギーになりそうなところもボギーで耐えられました。ティショットもそんなに悪くないので、明日は大丈夫だと思います。全米女子オープンに出たときに、スコアを落としたくないと思うと、スコアを落としてしまいました。バーディを取る気持ちを忘れずにやりたいです」
佐伯三貴(2バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの76 4オーバー、63位タイ)
「フェードが持ち球なので、左からの風のときにミスしやすかったです。自分の力不足です。日に日によくなるように、コースの中でがんばります。最後(18番、パー5)、長いバーディパット(6メートル)が入ってくれてうれしかったです。明日がんばればなんとかなる位置でよかったです」
成田美寿々(1バーディ、6ボギーの77 5オーバー、86位タイ)
「コースの難しさは感じていなかったのですが、着々とボギーを重ねてしまった感じです。前半は、手前から狙っていたのですが、思ったほど転がらず距離感があっていませんでしたが、後半はグリーンにキャリーするように狙ったらあってきました。ティショットはブッシュに行っていないので、チャンスにつけてたら入れられるようにしたいです」
比嘉真美子(2バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの78 6オーバー、98位タイ)
「前半厳しいホールが続くのでミスの流れを断ち切れなかった。後半はいいパーも取れましたし、バーディも取れた。すごく内容の濃い1日だったし、緊張もしました。難コースと、今までやってきた自分の実力がどういうレベルでできるのかという楽しみな部分もありましたし、自分の技術が通用するのかと不安もあったし、いろんな気持ちがあって緊張しました。ショットの修正というか、スイングどうこうではなく、緊張してリズムが速くなってしまった。初日乗り越えたので、明日からがんがんいくだけです」
宮里美香(1バーディ、7ボギーの78 6オーバー、98位タイ)
「6番まではいいパーを重ねていたのですが、7番でパーパットを外して流れが悪くなりました。このコースはフェアウエーにボールがあれば問題ないコース。今日は風を警戒して、低いボールを打とうとしたら右に行ってしまいました。ショットのフィーリングは悪くないので、明日はティショット次第です」
大山志保(2バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの79 7オーバー、115位タイ)
「1番でトリプルボギーです。ティグラウンドが立ちにくくて、右のブッシュに入れてしまいました。途中、簡単にボギーが出てしまい、集中力が途切れてピリッとしませんでした。スコアの割にゴルフは悪くないので、明日は今後につながるゴルフをしたいです」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング