宮里藍3アンダー10位スタート!

ParOn.(パーオン) / 2014年7月18日 9時9分

初日は3アンダーの10位タイと好スタートの宮里藍 マラソンクラシック(2014)(1日目) 写真・Getty Images

マラソンクラシック(7月17~20日、米国オハイオ州・ハイランドメドウズGC、6512ヤード、パー71)

 現地時間17日に開催されたマラソンクラシック。初日は、宮里藍が3アンダーの10位タイと好スタートを切った。首位は9アンダーの62をマークしたベテラン、ローラ・ディアス。

 インスタートの宮里藍は、10番、11番の連続、さらに15番もバーディと前半3アンダーで後半に入ると、2番で4つ目のバーディ。続く3番のボギーで勢いは止まったものの、5バーディ、2ボギーの68、3アンダーで10位タイと好スタートを切った。

 野村敏京は、3バーディ、1ボギーの69、2アンダーで17位タイ。前回大会7位の有村智恵は上原彩子とともにイーブンパーの48位タイにつけている。

 首位に立ったのは39歳のベテラン、ツアー通算2勝のローラ・ディアス。インスタートの10番から5連続バーディを奪うなど、9バーディ、ノーボギーの62をマークして9アンダーで、2位に4打差をつけた。

 5アンダーの2位タイにオースティン・アーンストとリーアン・ペース(南アフリカ)。前週の全英リコー女子オープンでメジャー初制覇を果たしたモ・マーティン、リディア・コ(ニュージーランド)ら6人が4アンダーの4位タイに並んだ。

 ディフェンディングチャンピオンのベアトリス・レカリは1アンダーで回り、世界ランク1位のステーシー・ルイスと並んで33位タイ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング