アン ソンジュ 音楽でも絆を紡いでいきたい

ParOn.(パーオン) / 2014年7月21日 13時41分

福島県・相馬市、立谷秀清市長(写真左)とがっちり握手を交わすアン ソンジュ

 ヤマハレディースオープン葛城で優勝したアン ソンジュが、優勝副賞のグラウンドピアノを福島県・相馬市へ寄贈することを決め、その贈呈式が行われた。

「寄贈先の候補はいくつかありましたが、相馬市の市庁舎立て替えが決まり、新市庁舎のホールに置いていただけるということでしたので迷わず寄贈先として決めさせていただきました。相馬市はいまだ東日本大震災の傷跡が癒えていないと聞いています。子供たちの役に少しでも立てばと思っています」

 アンはこれまで、かなり積極的に東日本大震災被災者の方々を支援してきているという。特に子供が大好きということから

「ゴルフで支援するのは当然のことで、それ以外のことで喜びや楽しみを与えることができたら。新市庁舎のホールでは市民コンサートなども企画されるということですので、伴奏に合わせて子供たちの歌声が響き渡るのを楽しみにしています」

 今季はすでにツアー3勝を挙げ、賞金女王が狙える筆頭選手として注目のアン。人を思いやる優しさが、強さのヒミツなのかもしれない。

文・米山典子

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング