日本チームがグループ首位キープ!

ParOn.(パーオン) / 2014年7月26日 8時40分

横峯さくらとのペアで、6ダウンからオールスクエアに戻し、貴重な1ポイントをゲットした宮里藍 インターナショナル・クラウン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

インターナショナル・クラウン(7月24~27日、米国メリーランド州・ケーブスバレーGC、6628ヤード、パー71)

 現地時間25日に行われた大会2日目。この日オーストラリアと戦った日本チームは、宮里藍と横峯さくら組が引き分け、宮里美香と比嘉真美子組は3&2で勝利し、3ポイントを獲得して計6ポイント。プールBの首位をキープした。

 宮里美香&比嘉真美子組は、ツアー通算41勝のカリー・ウェブと女子アマチュア世界ランキング1位の18歳、ミンジー・リーという強豪ペアと対戦。2番のウェブのバーディで1ダウンとしたが、4番で比嘉がバーディを奪ってオールスクエアとすると、5番、6番を取って2アップ。さらに11番で3アップとして迎えたドーミーホールの16番を分け、3&2で勝利した。

 宮里藍と横峯さくら組は、キャサリン・カーク、リンゼー・ライト組を相手に奇跡的な巻き返しを見せた。残り7ホールで6ダウンという絶望的な状況から、12番を横峯のバーディで5ダウンに戻すと、そこから連続で6ホールを奪いオールスクエアとして、貴重な1ポイントを獲得。これで合計6ポイントでプールBの首位を守った。

 同じプールBでは、韓国がスウェーデンと対戦し、1勝1敗でともに2ポイントを獲得。韓国が2位、オーストラリアが3位、スウェーデンは最下位。

 プールAは、アメリカがスペインに2勝し、4ポイントを獲得して台湾と並んで2位に浮上。1位は台湾に2勝したタイ。4位スペインとなっている。

 明日の予選ラウンド最終日、日本は優勝候補の韓国と対戦する。



◇2日目の結果

タイ VS 台湾
〇アリヤ・ジュタヌガーン&モリヤ・ジュタヌガーン 3&2 ●キャンディ・クン&テレサ・ルー
〇ポルナノン・ファトラム&O.サタヤ 1UP ●ヤニ・ツェン&フェービー・ヤオ

日本 VS オーストラリア
○比嘉真美子&宮里美香 3&2 ●ミンジー・リー&カリー・ウェブ
△宮里藍&横峯さくら AS △キャサリン・カーク&リンゼー・ライト

韓国 VS スウェーデン
●朴仁妃&柳簫然 1UP ○キャロライン・ヘッドウォール&アンナ・ノードクビスト
○崔羅蓮&金寅敬 1UP ●ペニッラ・リンドバーグ&ミカエラ・パームリド

米国 VS スペイン
○ステーシー・ルイスレキシー・トンプソン 3&2 ●ベレン・モゾ&ベアトリス・レカリ
○ポーラ・クリーマー&クリスティ・カー 2UP ●カロータ・シガンダ&アザハラ・ムニョス

勝敗表
プールA
タイ 2勝1敗1分 勝ち点5
米国 2勝2敗 勝ち点4
台湾 2勝2敗 勝ち点4
スペイン 1勝2敗1分 勝ち点3

プールB
日本 2勝2分 勝ち点6
韓国 2勝2敗 勝ち点4
オーストラリア 1勝2敗1分 勝ち点3
スウェーデン 1勝2敗1分 勝ち点3

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング