【中間速報】前半終了、申ジエが首位キープ、原江里菜は4位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年8月10日 12時31分

meijiカップ(8月8~10日、北海道・札幌国際CC島松C、6473ヤード、パー72)

 大会最終日、最終組が前半を終了。首位スタートの申ジエ(韓国)が通算11アンダーで単独首位をキープ。暫定2位には最終組の一つ前で回るテレサ・ルー(台湾)の通算10アンダー、2位から出た原江里菜は通算7アンダーの暫定4位タイに後退した。

 最終組で首位の申ジエが前半3バーディを奪い、通算11アンダーで単独首位をキープしている。同じ最終組の原江里菜は、1バーディ、1ボギーで通算7アンダー、2位から暫定4位タイに後退。

 原と同じ2位タイで最終組の成田美寿々は、1ボギーで前半を終え、通算6アンダーの7位タイに後退している。2位タイスタートのテレサ・ルーが2番から3連続バーディを奪うなど、5バーディ、2ボギーで3つ伸ばし、通算10アンダーの暫定2位につけている。

 地元札幌出身の藤田光里は、4番パー4で「8」をたたき、10番を終えて通算1オーバーの39位タイと大きく順位を落とした。同じ藤田でも、藤田幸希が1番バーディでスタートすると、前半を4バーディ、さらに10番でバーディを奪い、11番を終えて5つ伸ばし、通算8アンダーの暫定3位に浮上した。

 原と並んで通算7アンダーの暫定4位タイに、9番を終えたイボミ(韓国)と11番を終えた笠りつ子、成田と同じ通算6アンダーの暫定7位タイに、10番を終えた酒井美紀と不動裕理、11番を終えた前田陽子、17番まで終えた豊永志帆が並んでいる。

 森田理香子は前半二つ落として、通算4アンダーの暫定18位タイ、横峯さくらは13番を終えて通算3アンダーの暫定21位タイ、プロデビュー戦の柏原明日架は15番を終え、通算3オーバーの47位タイに後退した。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング