柏原明日架、初獲得賞金の使い道は……!?

ParOn.(パーオン) / 2014年8月10日 18時28分

もっと攻撃的にがむしゃらに戦っていきたいという柏原明日架 meijiカップ(2014)(最終日) 写真・佐々木啓

meijiカップ(8月8~10日、北海道・札幌国際CC島松C、6473ヤード、パー72)

 プロテスト合格後のデビュー戦となった柏原明日架は最終日にスコアを伸ばせず、通算3オーバーの47位タイで大会を終えた。

 最終日はバーディを奪えず、3ボギー。

「スコアは3オーバーでしたけれど、いいショットも打てていましたし、いいパットもありました。自分のミスで3オーバーを打ったわけではなく運もあったと思います」

 プロになって感じたことについてもたくさんあったようだ。

「これから試合を続けるうえで、日曜日にはゴルフをしていたいと思いました。自分で流れを崩してのボギーが多いので、そこを改善していかなければいけないと思います。今は安定しすぎているというか、爆発力にかけているので、より攻撃的にがむしゃらに戦っていきたいです」

 そして気になるのは初めて獲得した賞金の使い道。

「昨日、松山英樹さんと連絡をとって、『初賞金だね!』って言われました。今回の賞金は親にあげます」

 柏原は来週、NEC軽井沢72に推薦で出場する。今回の悔しさを晴らしたいところだろう。

「今週とはコースが違うし、芝質も違うので今回経験したポイントは引きずらないようにしたい。パターがよくなってきたので、アイアンの精度を高めていきたいですね」

 トップアマから正真正銘のプロになった柏原。プロになったことでの難しさも感じているに違いないが、来週こそは爆発を期待したい。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング