原江里菜は初日9位タイ、首位は金ナリ

ParOn.(パーオン) / 2014年8月15日 15時50分

9バーディ、2ボギーの65をマークし、7アンダーの単独首位に立った金ナリ NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・村上航

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

 NEC軽井沢72ゴルフトーナメントが開催され、初日はホステスプロの原江里菜とディフェンディングチャンピオンの成田美寿々が4アンダーの9位タイにつけた。首位は7アンダーの金ナリ(韓国)、2位に6アンダーの山城奈々と酒井美紀が並んでいる。

 大会ホステスプロの原江里菜は、前半2番、5番、9番の3バーディで後半へ入ると、11番で4つ目のバーディを奪い、4バーディ、ノーボギーの68でホールアウト。4アンダーの9位タイで初日をスタートした。

 ディフェンディングチャンピオンの成田美寿々は前半7番、8番で連続バーディ、後半も11番、12番で連続バーディを奪い、ノーボギーの68、4アンダーで原と並び9位タイで初日を終えた。

 首位に立ったのは、この日9バーディ、2ボギーの65をマークした金ナリの7アンダー。酒井美紀とプロテスト2位合格の山城奈々が前半、後半ともに3バーディの6バーディ、ノーボギーの66で回り、1打差の6アンダーで2位に並んだ。5アンダーの4位タイに渡邉彩香、服部真夕、福嶋晃子、吉田弓美子、ウェイユンジェ(台湾)の5人。

 賞金ランキング1位のアンソンジュ(韓国)は2アンダーの34位タイ、同2位のイボミ(韓国)は3アンダーで17位タイにつけている。プロテストトップ合格でプロ2戦目の山田成美は、1アンダーの48位タイ。同じくプロテスト合格組の柏原明日架は、2オーバーの88位タイ、堀琴音は3オーバーの95位タイと出遅れた。

 昨年の賞金女王、森田理香子は1オーバーの82位タイ、横峯さくらは2オーバーの88位タイ、藤田光里は4オーバーの99位タイと大きく出遅れている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング