野村、有村、上原は予選通過、宮里藍、美香は予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2014年8月16日 9時15分

この日も75とスコアを伸ばせずに2週連続の予選落ちとなった宮里藍 ウェグマンズLPGA選手権(2014)(2日目) 写真・鈴木祥

ウェグマンズLPGA選手権(8月14~17日、米国ニューヨーク州・モンローGC、6717ヤード、パー72)

 現地時間15日に行われた大会2日目。通算2オーバー54位タイまでの73選手が予選通過となり、野村敏京は44位タイ、上原彩子と有村智恵は54位タイで予選を通過。宮里藍は106位タイ、宮里美香は91位タイで予選落ちとなった。

 3オーバーから巻き返しを狙った宮里藍は、1番でボギースタート。続く2番のバーディで戻したものの前半は二つスコアを落とし後半へ。14番で二つ目のバーディを奪ったが、15番、17番をボギーにして、2バーディ、5ボギーの75、通算5オーバーの106位タイで前週のメイヤーLPGAクラシックに続く2戦連続予選落ちとなった。

 野村敏京は1番をバーディスタートすると前半は3バーディ、1ボギーで二つ伸ばし、後半は10番、13番でボギーのあとに14番、15番で連続バーディと戻したが、17番、18番を連続ボギーでホールアウト。72のイーブンで回って通算1オーバーとスコアを伸ばせなかったが、順位は68位タイから44位タイに浮上した。
 日本人選手トップの29位でスタートした有村智恵は、出だし1番のボギーを3番、4番の連続バーディで巻き返したものの、続く5番、6番の連続ボギーで波に乗れず、後半も13番でダブルボギーをたたき、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの75。3つ落として通算2オーバーの54位タイで何とか予選通過を果たした。

 イーブンパー48位タイの上原彩子は1番ボギーでスタートするものの、3番、6番、9番のバーディで前半を二つ伸ばし、通算2アンダー。しかし後半に入ると、13番でボギー、16番からは3連続ボギーと崩れ、3バーディ、5ボギーの74、通算2オーバーの54位タイに後退したが、ギリギリで予選通過となった。

 初日3オーバーの104位タイと出遅れた宮里美香は、前半3バーディ、3ボギーのイーブン。後半に入り、14番でバーディを奪ったが、続く15番、16番で連続ボギー。4バーディ、5ボギーの73で回り、通算4オーバーの91位タイで予選落ちとなった。

 3位スタートのブリタニー・リンシカムが通算9アンダーに伸ばして単独首位に立っている。首位スタートのレキシー・トンプソンは72とスコアを伸ばせず、朴 仁妃(韓国)と並んで通算6アンダーの2位タイに後退した。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング