リディア・コ、第2の故郷で大会3連覇の期待がかかる

ParOn.(パーオン) / 2014年8月19日 18時0分

大会3連覇の偉業に挑むリディア・コ

 今週行われるカナディアン・パシフィック女子オープン(8月21~24日、カナダ・ロンドンハント&CC)で3連覇の期待がかかるリディア・コは、カナダで“ヒロイン的”存在だ。

 2012年、アマチュアだった15歳のコは、同大会で史上最年少優勝を遂げた。そして昨年の同大会でもアマチュアとして初の大会連覇という偉業を達成し、同国で人気者になった。

「カナダは私の第2のホームタウン。この大会で勝ったことが私のキャリアの始まりです。本当に多くの人が声援を送ってくれて、昨年も勝つことができました」

 と、カナダのファンへメッセージを送った。

 昨年10月末にプロ転向し、今年からルーキーとして米女子ツアーに参戦。ここまで2勝を挙げ、史上最年少で獲得賞金が100万ドルを突破するなど、多くの話題を提供しているコだが、

「ツアーとプライベートのバランスが大事。コース外では、普通の17歳と同じようにゲームやショッピングを楽しんでいる」

 と、普段はのんびりとした生活を送っているようだ。コは現在、賞金ランキング3位。フェアウエーキープ率78パーセント(15位)、パーオン率72.4パーセント(17位)と正確なショットを武器にツアーを戦っている(8月17日時点)。

 今大会の2勝はアマチュア時代のもの。初めてプロとして迎える今年、大会3連覇という偉大な記録が生まれるかもしれない。

在米ゴルフジャーナリスト・武川玲子
週刊パーゴルフ(2014年9月2日号)掲載

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング