B・ドレッジがトップに! J・ドナルドソンは2位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年8月24日 13時11分

B・ドレッジが単独首位に! D+Dレアルチェコマスターズ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

D+Dレアルチェコマスターズ(8月21~24日、チェコ・アルバトロスGL、7466ヤード、パー72)

 3日目のベストスコアをマーク! ブラッドリー・ドレッジ(ウェールズ)がノーボギー、6バーディの66をマークし、通算12アンダーで単独トップに躍り出た。

「今日の自分のスコアに大変満足しています。すごくいいショットが打てたラウンドではないですが、いいスコアが出たラウンドでした。2012年末にツアー出場権を失い、健康問題を抱え、それに取り組んでいました」

 と、苦しかった時期を吐露したドレッジ。続けて、

「2位に終わった先週は私にとってとても大きかった。勝てなかったし、勝ちたかったけど、優勝したマーク(・ウォーレン)は最終日に素晴らしいプレーをした。彼は自分自身をとても上手にマネジメントし、最終的に私を破ったと思います。私は勝つのに十分なプレーをしていなかった。この試合で再び、トップに立ち、優勝を争いにいられるのは素晴らしい。私たち選手たちがするのは勝つために頑張ることです。試合を楽しんでいますし、明日も再び、いいラウンドになることを望んでいます」

 首位と2打差の同10アンダーの2位タイには、予選ラウンドで首位だったジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)と、この日4アンダーをマークして浮上したソレン・ケルドセン(デンマーク)が並んでいる。

「いいプレーだった。何回か残念なショットがあり、スコアを落としたショットがあった」(ドナルドソン)

「いつもブラッドリーと一緒にプレーするのは楽しい。ずっと素晴らしい選手。しかし、何度かケガがあったので、いいプレーをしている彼の姿を見られてよかったです。明日も楽しみにしています」(ケルドセン)

 同9アンダーの4位にはグレゴリー・ボアディー(フランス)、続く5位タイの同8アンダーにはメリック・ブレムナー(南アフリカ)とスティーブン・ギャラハー(スコットラウンド)がつけている。

文・秋山義和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング