アン ソンジュ 3連覇のプレッシャーに勝って最高の誕生日にしたい!

ParOn.(パーオン) / 2014年8月28日 18時29分

ツアー史上3人目の3連覇に挑むアン ソンジュ ニトリレディス(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

ニトリレディス(8月29~31日、北海道・恵庭CC、6522ヤード、パー72)

 今大会のディフェンディングチャンピオンのアンソンジュは、一昨年も優勝しているため、3連覇がかかっている。

 今まで、ツアーで3連覇を達成しているのは、ミズノクラシックのアニカ・ソレンスタム(2001~05年までの5連覇)と、伊藤園レディスのローラ・デービース(1994~96年)の二人しかいない。

「プレッシャーは確かにあります。体調も絶好調ではないですが悪くはないし、昨年に比べたら全然いいので、大丈夫です」

 と、練習場では左打ちのドライバーショットを取り入れるなど、火曜日からしっかり調整をした。

 昨年は、メジャー大会のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで3連覇に挑戦。そのプレッシャーもあって、逆流性食道炎を患ってしまった。主治医の食事指導により、鶏肉や海苔などが制限され、麦茶を多く飲むように、といわれたそうだ。韓国料理はもちろん、日本の料理も好きなアンにとっては、とてもつらい、病との戦いだった。

「今はもう痛みはありません。昨日も北海道出身の菊地絵理香ちゃんに教えてもらったお店で、スープカレーを食べました。辛さレベル7にチャレンジしましたが、全然辛くなかったですよ! 普通にスープを飲む感覚で食べられました」

 と、北海道ならではの食も堪能した。

 そして、アンが3連覇を狙いたい理由がもう一つある。最終日の8月31日はアンの誕生日。この日で27歳になる。

「自分で自分への誕生日プレゼント、というわけではありませんが、昨年、一昨年と優勝できていい誕生日になったので、今年も続けられたらいいなぁ、と思っています」

 NEC軽井沢72ゴルフトーナメントでイ ボミに賞金ランキングトップの座を明け渡したが、3連覇とともにトップを取り戻すことができるか。

文・武井真子

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング