【中間速報】金 亨成が首位キープ、宮里優作が2位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2014年8月30日 14時14分

アールズエバーラスティングKBCオーガスタ(8月28~31日、福岡県・芥屋GC、7150ヤード、パー72)

 大会3日目。早朝に第2ラウンドの残りが行われ、55位タイまでの64選手が予選を通過し、第3ラウンドへと進んだ。最終組が前半を終え、金 亨成(韓国)が通算11アンダーで首位をキープ。暫定2位の通算8アンダーに藤田寛之、宮里優作、野仲茂の3人が並んだ。

 最終組の金 亨成が3バーディ、2ボギーで前半を終え、通算11アンダーと一つ伸ばして単独首位をキープしている。

 通算8アンダーの暫定2位に、1ホールを残して1イーグル、4バーディ、1ボギーと5つ伸ばした宮里優作は浮上した。最終組の一つ前で回る藤田寛之と野仲茂が10番を終えて同じく通算8アンダーの暫定2位タイに並んでいる。

 通算7アンダーの暫定5位タイには、深堀圭一郎、武藤俊憲、平塚哲二ら実力者とともに、日本ゴルフツアー選手権でツアー初優勝を挙げた竹谷佳孝も並んでいる。

 通算6アンダーの15位タイに19歳の稲森佑貴と崔 準祐(韓国)の二人。通算5アンダー暫定17位に、11番を終えた池田勇太がつけている。

 なお、谷口徹が首痛のためインスタートの12番ホール終了後、棄権となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング