勝みなみが7アンダー! 日本は一気に2位浮上!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月4日 18時48分

勝みなみに負けじと5アンダーをマークし、2位浮上に貢献した岡山絵里 世界アマチュアゴルフチーム選手権(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

世界アマチュアゴルフチーム選手権(9月3~6日、長野県・軽井沢72ゴルフ東・入山C、押立C)

 大会2日目にビッグスコアが飛び出した。各国3人が出場、上位二人のスコアが採用される本大会だが、日本勢は勝みなみが7アンダー、岡山絵里が5アンダー、松原由美が3アンダーとそろって60台をマーク。69の松原のスコアが採用されないうれしい悲鳴で、前日のイーブンパー、16位タイから首位と2打差の通算12アンダー、単独2位にジャンプアップした。

 「前日はロボットのようだった」とチームキャプテンの阪本知子さん(JGA女子ナショナル強化部会長)が語っていた日本チームだが、この日もスタートは硬さが見られた。しかし、トップバッターの岡山が3番でバーディを奪い、5番から3連続バーディで勢いに乗ると、2番手の松原も後半3つ伸ばしてホールアウト。圧巻は日本勢ラストの勝だった。

 スタートから3ホール連続でドライバーを曲げて、2番でボギーが先行。それでも4番パー3でピンに絡めてバーディを奪うと9番もバーディとして1アンダーでハーフターン。後半は14番までに3バーディで波に乗ると、15番のパー5で3打目を直接入れてイーグル。最終ホールもバーディとして、全選手中トップタイの7アンダーをマークして、日本チームを一気に押し上げた。

 首位は、通算14アンダーのカナダ。日本が2打差の2位。通算11アンダーの韓国が3位。スウェーデンとスペインが通算10アンダーで4位タイにつけている。

岡山絵里(6バーディ、1ボギー、67、5アンダー)
「昨日は緊張しすぎて悔しくて、臆病なところを消してプラスにやった結果です。明日が大事です。やっとスタートラインに立ったという感じです。いい位置にいるのはわかっています。明日頑張って最終日最終組で回れるよう意識します」

松原由美(4バーディ、1ボギー、69、3アンダー)
「今日はショットが散らばっていましたが、前半で岡山さんが伸ばしているのを聞いて、後半は勝さんがよくて気持ちが楽になって後半伸ばすことができました。明日は最終組なので、違うプレッシャーがあると思います。気を引き締めて頑張ります。カナダは強いチームなので、バーディ合戦になると思うけどついていきたいです」

※文中、敬称略

文・高桑均

【2日目の成績】

1位 カナダ -14
2位 日本 -12
3位 韓国 -11
4位 スウェーデン -10
4位 スペイン -10
6位 ドイツ -9
7位 英国 -7
7位 メキシコ -7
7位 インド -7
10位 オーストラリア -6
10位 デンマーク -6
10位 米国 -6
10位 フランス -6

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング