今季2度目のエース! G・ストームが首位に!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月7日 13時3分

ホールインワン賞でBMW i8を獲得した、G・ストームがトップに! オメガヨーロピアンマスターズ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

オメガヨーロピアンマスターズ(9月4~7日、スイス・クランシュルシエールGC、6848ヤード、パー70)

 1度でも驚いたのに、今季2度目の快挙達成! グレイム・ストーム(イングランド)がハッサン2世2日目、16番に続き、今シーズン2度目のエースをマークした。トータルスコアは16アンダーでトップに躍り出た。

「信じられない気持ちでした。シーズン初めのモロッコでホールインワンを出し、またホールインワン。今日の本当の賞品は、1打で首位の仲間入りできたことだと思います。また、実際にホールインワン賞で車を獲得したことは、本当に素晴らしい! 自宅に二つも入らないので、今あるマイカーを売却しなければいけませんね」

 そう興奮気味に話したストームは、エースを出した11番の1ショットについてこう振り返った。

「ショットはそこそこでした。グリーンをとらえるだけでも十分難しいと思っていたので、嘘ではなく、旗に向かって真っすぐ狙っていました。同じ組ではボクだけがピンそばに寄るように、旗に向かって打った。いい感じで当ったので、ボールが飛んでいるとき、一緒に回っていたシェーン(・ローリー)が『入れ!』で叫んでいました。何かのジンクスとは思いたくなかったので、自分では「入れ!」や「入ってくれ!」のようなことは何も言っていません。最終的に、シェーンのアイルランド人が持つ好運がボクに移ったようだ。ボク以上にショーンのほうが喜んでいたと思う。ボクたちはいい友達で、ホールインワンという時間を彼と一緒に過ごせたのはよかった」

 続く、首位と1打差の2位の通算15アンダーにはトミー・フリートウッド(イングランド)。そして、同14アンダーの3位にブルックス・コプカ(米国)、同13アンダーの4位にはデビット・リプスキがつけている。

 なお、前日まで首位だったリッチー・ラムゼイ(スコットランド)は、イーブンパーで通算12アンダーで5位タイに後退した。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング