大山志保がタイトル奪取に向け好調をアピール!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月10日 20時54分

好調の大山志保が悲願のタイトルを手にすることができるかに注目したい 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(9月11~14日、兵庫県・美奈木GC、6645ヤード、パー72)

 先週のゴルフ5レディスで今季初優勝を遂げた大山志保。2週連続優勝も視野に入っている大山の体調は好調のようで、

「一番いいとはいえませんが、引き続き調子がいいです。ショット、アプローチ、パッティングのすべてがいいです」

 と笑顔を見せる。

 今日のプロアマ戦でコースを回った感触について大山は、

「グリーンは止まるし、距離もそこまで長くないので、ティショットをフェアウエーに置くことができれば、そこまで困らないと思います。グリーンも大きいと思いますし、気になるのは先週よりも下りが少し速いくらいですかね」

とコース攻略に向けては順調といったところだ。

 一方で、今週の練習ラウンドでは小さなトラブルにもあっていた。

「練習ラウンドの時にボールが1球もなかったので、ショップに買いに行ったんです。キャディさんが先週全部配っちゃって……(笑)」

 そんな笑い話ができるほど、リラックスした状態で明日の試合を迎えられそうな大山。精神面と身体面がいつも以上によい状態に仕上がっているようだ。

「優勝してからこの大会を迎えるとは想像していませんでしたが、いつも以上に自信を持ってプレー出来ているので、優勝へ向けてかんばりたいです」

 同大会を制したことがない大山。悲願の女子プロナンバーワンの称号を手に入れ、2週連続優勝を飾れるか注目だ。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング