日本チームはスコア伸ばすも29位に終わる 米国が連覇達成

ParOn.(パーオン) / 2014年9月13日 18時3分

4日間、パッティングに悩まされた小西健太 世界アマチュアゴルフチーム選手権(2014)(最終日) 写真・村上航

世界アマチュアゴルフチーム選手権(9月10~13日、長野県・軽井沢72ゴルフ 東・入山C、押立C)

 大会最終日、ビッグスコアを目指した日本チームは、小浦和也と小西健太の大学生二人が3アンダー、小木曽喬は1アンダーで、チームスコア6アンダー、前日から6つ伸ばして通算12アンダーでフィニッシュ。ホスト国としての戦いは29位タイで、過去最低の成績に終わった。

 入山コースの10番からスタートした日本チーム。トップバッターの前半を3バーディ、1ボギーで折り返すと、後半も2バーディ、1ボギー。3アンダーでホールアウトしたが、悔しさをにじませた。

「4日間通してパターが入りませんでした。チャンスはたくさんあったけど、パットが自分の思ったようにいかなかった。ショットが悪くなかっただけに悔しいです。このコースは伸ばし合いのコースです。強い国は4日間スコアを伸ばしています。日本の3人にはそれができなかった。ミスをしても最低一人、3アンダーで回ってこないといけません。オーバーパーを打っているようじゃ……。今日のショットの内容なら6アンダーはいけました。悔しいです。修正をして、2週間後のアジア大会では個人、団体ともに金メダルを目指して頑張ります」(小西)
 あらゆる面で世界との差を痛感したのは、小浦も同じだ。

「もうちょっと伸ばしたかったですね。ビッグスコアを狙っていましたが、普通の安定したゴルフになってしまいました。短いパットを外してしまって流れが悪くなりました。昨日よりはよかったですが、もっと改善できればもっとよかったと思います。違うことをして流れを変えたくて、昨日はウエートトレーニングを1時間ほどしました。今まで何をやってきたんだろうと思うと悔しいですが、それもゴルフです。次のアジア大会に向けて頑張ります。ショットは安定しているので、課題はパッティングです。まだ伸びしろがあると思っています」(小浦)
 終始パッティングに苦しんだ小浦に対し、高校生の小木曽はアイアンの飛距離不足を痛感した。

「疲れましたね。最後もう少しというか……。前半で足踏みしてスコアを伸ばせなくて悔しいです。次のメキシコ大会にも絶対に出場したいと思います。海外の強豪とは全部の面でレベルが違うと思います。すべての面でレベルアップしないといけません。アイアンの飛距離を伸ばさないといけないと思いました。精度もですね。素晴らしい経験ができましたが、アジア大会もそうですし、国内の大会でもそうですが、意識を高く持ってもっと上を目指したい。リベンジしたいです」(小木曽)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング