【コメント集】成田美寿々「明日は(バーディ)7個かな」

ParOn.(パーオン) / 2014年9月13日 22時49分

明日はガンガン攻めていってバーディ7個が目標の成田美寿々 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(9月11~14日、兵庫県・美奈木GC、6645ヤード、パー72)

鈴木愛(1位、3バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの75、通算4アンダー)
「(2番3オン3パット、3番5オン1パットの連続ダブルボギー)キャディさんにこういう日もあるから、耐えるゴルフをすることだけと言われました。頭が真っ白にはならなかったけど、すごく苦しくて、あと何ホールあるんだろうと、長い一日でした。初めての最終組でスタートホールで歓声もあって、優勝というプレッシャーを感じたくなかったけど、途中、まだ大丈夫、優勝できるよと言われてプレッシャーを感じてしまいました。落ち着いたのは10番くらいからです。今日はもうちょっと落としてもおかしくなかったけど、うまくカバーできたと思うので上出来だと思います」

成田美寿々(4位タイ、2バーディ、2ボギーの72、通算2アンダー)
「ショットが最初からおかしくて、拾って拾っての感じで。ちょっと入れ込んじゃったのかなと。これから練習したいです。ここまでイーブン、2アンダー、イーブンときているので、バーディも2個、7個、2個なので、明日は7個かな。ガンガン攻めていってバーディを取らないと追いつかないので、アプローチで拾って積極的に攻めていきたい」

申ジエ(4位タイ、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの72、通算2アンダー)
「難しいセッティング、いろんな技術を要する中での3日間。苦労しながらの今の結果で、オーバーパーになっていないので、いいプレーができていたと思います。最終日はバーディよりもミスの少ないプレーを心がけていきたいです。スコア差はないので慎重に自分のプレーをしていきたい」

穴井詩(7位、2バーディ、4ボギーの74、通算1アンダー)
「前半はいいリズムでいけたけど、後半は15番のショートで1メートルもないパットを外してから、バタバタとボギーしちゃって……。その流れを最後まで戻せなかったです。気持ち的には攻められたと思うけど、縦の距離感が合わなくて。今日のうちにショット、パッティングを修正して、明日はやれるだけやりたいです。メジャーの最終日は何が起こるか分からないし、最後まで頑張ります」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング