【コメント集】小田孔明「36ホールは正直きついよ」

ParOn.(パーオン) / 2014年9月13日 23時30分

2回戦を勝利し松村道央との3回戦に進んだが、最後は力尽きて敗退した小田孔明 片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権(2014)(2日目) 写真・鈴木祥

片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権(9月12~14日、静岡県・葛城GC、7048ヤード、パー72)

谷原秀人(2回戦で藤本佳則に敗退)
「普段どおりにプレーしました。練習ラウンドみたいな感じでした。マッチプレーは面白いです。普段する機会がないですが、1対1というのは面白いですよ。来週以降は、もうちょっと首の状態を治して、しっかり振れるようにやっていきたいです」

大堀裕次郎(2回戦で松村道央に敗退)
「(松村)道央さんはパターがよく入っていました。10番までで6バーディ取ってましたからね。11番でチップインが入って、12番からよくなってきたので、追いつけると思って追いつけたのですが、最後は相手がうまかったですね。今日はラッキーもあり、実力以上のショットもありましたが、それでも負けてしまいました。技術が足りないですね」

貞方章男(2回戦で小田孔明に敗退)
「ボロ負けでした。自滅ですね。自分のミスが響きました。ゴルフ自体があまりよくないので、イマイチ内容がないというか、何となくやってる感じです。孔明さんもよくはなかったですね。悪いわけではないけど、ドライバーは自信を持って振っていました。(勝つには)そいうのが必要ですね」

小田孔明(2回戦で貞方章男に勝利も3回戦で松村道央に敗退)
「試合運びがどうこうより、もうバテました。体力不足って感じでしたね。36ホールは正直きついよ。気持ちも体も持たなかったね。でも道央はしっかりパターを入れていたし、しぶといゴルフをしてたからね。なんとか粘って入れ返したりもしたけど、最後は力尽きた……っていう感じ」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング