上原彩子が4位と好スタート! 宮里美香12位、宮里藍ら3選手は出遅れる

ParOn.(パーオン) / 2014年9月19日 8時57分

8バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフで首位に立ったステーシー・ルイス ヨコハマタイヤLPGAクラシック(2014)(1日目) 写真・Getty Images

ヨコハマタイヤLPGAクラシック(9月18~21日、米国アラバマ州・RTJ Gトレイル、6607ヤード、パー72)

 2007年から12年までナビスターLPGAクラシックとして開催され、名称をヨコハマタイヤLPGAクラシックに変更して、2年ぶり開催された今大会。現地時間18日に初日が行われ、上原彩子が6アンダー4位タイの好スタートを切った。宮里美香も4アンダーで12位タイにつけ、野村敏京は62位タイ、宮里藍は75位タイ、有村智恵は94位タイと出遅れている。8アンダーのステーシー・ルイスとハー・ミジョン(韓国)の二人が首位に並んだ。

 インスタートの上原彩子は、10番でバーディが先行、16番バーディのあと18番イーグル奪取で前半4アンダー。後半2番で初のボギーをたたくものの、4番、6番を取り、そして最終の9番をバーディフィニッシュ。6アンダーの66をマークして首位に2打差の4位タイにつけた。

 宮里美香は3番をバーディでスタートすると、5番、6番連続バーディ、続く7番でボギーをたたき前半2アンダー。後半も13番でバーディが先行し、15番、16番を連続バーディ、最終18番で惜しくもボギーをたたいて68。4アンダーの12位タイと好スタートを切った。

 野村敏京は2番でバーディが先行し、前半は3バーディ、2ボギーの1アンダー。後半に入ると11番、12番の連続ボギーから13番ではダブルボギーをたたき、一気に3オーバーに。それでも終盤15番から3連続バーディで取り戻し、72のイーブンパー。初日は62位タイで終えた。

 宮里藍は3バーディ、4ボギーの73で回り、1オーバーの75位タイ。有村智恵は2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの75。3オーバーの94位タイと出遅れた。

 12年大会優勝で世界ランキング1位のステーシー・ルイスが、上がり3ホール連続バーディを含む、8バーディ、ノーボギーの64をマークして、8アンダーの首位に立った。

 先週のザ・エビアン選手権で3位に入ったハー・ミジョンも、8バーディ、ノーボギーの64で回り、同じく首位に並んだ。

 また、2011年大会で当時のツアー最年少記録で優勝したレキシー・トンプソンは2アンダーの30位タイで初日を終えた。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング