成田美寿々「賞金女王のタイトルは意識します!」

ParOn.(パーオン) / 2014年9月19日 19時26分

優勝と賞金女王を意識して明日以降を戦う成田美寿々 マンシングウェアレディース東海クラシック(2014)(1日目) 写真・村上航

マンシングウェアレディース東海クラシック(9月19~21日、愛知県・新南愛知CC美浜C、6375ヤード、パー72)

 ゴルフ5レディスと日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で、2週連続2位に入った成田美寿々。今週も初日から好調ぶりを発揮して、5アンダーの2位タイで、優勝戦線に名乗りを挙げた。

 成田の名前がスコアボードの上位に来るのを見るのはこれで何回目だろうか。

 前半に4つバーディを奪った成田は、後半も勢いに乗るかと思いきや一つバーディを取ってホールアウト。それでもノーボギーのゴルフでスコアをまとめてくるのだから、今季の強さは本物だ。

「後半のほうがショットはよかった気がするんですけれど、パッティングがよくなくて。明日はそこを修正して挑みたいと思います」

 今年の好調の要因として成田があげるのは、体のケアと練習器具を使った練習法だ。

「特に道具を使う練習だと、これは何のためにやっているんだとかが明確にわかるのでメリハリがあっていいんです。単なるドリルだとボヤッとしてしまうので、ハッキリした練習ができることが、不調に陥らない要因だと思います」

 成田は自分のことをよく分析したうえで、練習に取り組んでいるわけだが、すべては優勝するため。そして、ツアーも残り10試合に迫り、賞金女王へのタイトルも意識し始めた。賞金ランキング1位のイ ボミと同2位のアン ソンジュが欠場する中、同3位の成田に逆転のチャンスが巡ってきている。

「2人がいないうちに少しでも差を縮めておかないといけないといます。今週出場している申ジエ(同4位)さんも上位にいるので、意識しながらやっていきたい。できるなら1億円を突破したいです。やっぱり1億円プレーヤーっていう響きが、すごくかっこいいですよね」

 自信に満ち溢れた堂々した発言を聞いていると、1億円突破も可能なのではないのかと思えてくるから不思議だ。3週連続で2位に甘んじるわけにはいかない。賞金女王のタイトルに近づくため、明日以降はトップを狙っていくと誓っていた。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング