【中間速報】O.サタヤが単独首位に浮上、暫定2位には北田瑠衣、成田美寿々、申ジエの3人

ParOn.(パーオン) / 2014年9月20日 12時59分

マンシングウェアレディース東海クラシック(9月19~21日、愛知県・新南愛知CC美浜C、6375ヤード、パー72)

 大会2日目。最終組が前半を終え、O.サタヤ(タイ)が63をマークして通算9アンダーの単独首位に立っている。暫定2位の通算7アンダーには北田瑠衣、成田美寿々、申ジエ(韓国)の3人が並んでいる。横峯さくらは11番を終えて通算3アンダーの暫定21位タイ。

 イーブンパーの44位タイから出たO.サタヤは、1番バーディでスタートすると、3番バーディ、5番ではイーグルを奪って前半を4アンダー。後半も5バーディを奪ってノーボギーの63をマーク。通算9アンダーまで伸ばして単独首位に立った。

 首位スタートの北田瑠衣は1アンダーで前半を終え、通算7アンダーで暫定2位に後退。同じ最終組で2位スタートの成田美寿々は、前半で二つ伸ばし、通算7アンダーで同じく暫定2位。

 6位スタートの申ジエも前半を3つ伸ばし、通算7アンダーで暫定2位に並んでいる。

 通算6アンダーの5位タイに、14番を終えて5つ伸ばした斉藤愛璃、9番を終えた葭葉ルミ、イナリ(韓国)ら5人が並んでいる。

 通算5アンダーの暫定10位タイに、9番を終えた下川めぐみ、15番を終えた西山ゆかりら4人。通算4アンダーの暫定14位タイに11番を終えた渡邉彩香、12番を終えた藤本麻子ら7人が並んでいる。

 昨年度優勝の横峯さくらは11番を終えて、通算3アンダーの暫定21位タイ、森田理香子はインスタートの5番を終えて通算3オーバーの82位タイで、予選通過が難しい位置につけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング