今週からアジアシリーズ開幕! 今年は上原彩子と野村敏京が出場!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月30日 18時0分

アジアシリーズで好結果を出したい上原彩子 写真・村上航

 今週開催のレインウッドLPGAクラシック(中国)を皮切りに、アジア各地で米女子ツアーが行われる。次戦はサイムダービーLPGAマレーシア(マレーシア)。その後、LPGA KEBハナバンク選手権(韓国)、新規開催のブルーベイLPGA(中国)、LPGA 台湾選手権(台湾)、そしてミズノクラシック(日本)で幕を下ろす。

 このアジアシリーズに出場できる米ツアー選手は通常(144~156人)の約半数。というのも、各大会に地元選手枠があるのだ。今週は中国ツアーから15人、ミズノクラシックでは日本ツアーから35人が出場する。

 残念ながら宮里藍(賞金ランキング83位)や宮里美香(同90位)、有村智恵(同106位)は出場できないが、上原彩子(同67位)と野村敏京(同35位)は出られる。

「アジアで成績を上げれば出場枠36人の(ロレーナ・)オチョアインビテーショナル(11月13~16日、メキシコ/クラブ・デ・ゴルフ・メキシコ)にも出られるかもしれない」

 と話す上原。活躍に期待したい。

文・武川玲子
週刊パーゴルフ(2014年10月14日号)掲載


武川玲子(たけかわ・れいこ)
大阪府出身。米国を拠点に、米PGAツアーと米LPGAツアーを中心に精力的な取材活動を続けている。ParOn.だけでなく週刊パーゴルフでもコラム等を執筆中!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング