【コメント】近藤共弘「調子はいい方向に向かっている」

ParOn.(パーオン) / 2014年10月4日 17時48分

日本人トップの3位タイで最終日を迎える近藤共弘 トップ杯東海クラシック(2014)(3日目) 写真・鈴木祥

トップ杯東海クラシック(10月2日~5日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

金 亨成(1位、1イーグル、3バーディ、2ボギーの69、通算8アンダー)
「(1番バーディ、2番イーグル)スタートはハンパないですね。プロみたいですね(笑)。いい貯金ができてスタートできました。最近最終日の成績がよくないです。自分のジンクスではないけど、みんなが言うから……。もっと集中して頑張ります。中日クラウンズでも優勝できて、名古屋は大好きです」

インヘ・ホ(2位、5バーディ、ノーボギーの67、通算6アンダー)
「10番で8メートルのバーディパットが入って、一気に気持ちがアップしました。12番、13番、14番でピンチでしたが、パーセーブできたのが今日のポイントです。最近、ドライバーの飛距離が出るようになって、距離が出る分、チャンスについて狙っていけます。明日も今日と同じ気持ちでプレーしたいです」

近藤共弘(3位タイ、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの72、通算5アンダー)
「いつミスショットが出てもおかしくない状態ですけど、調子はいい方向に向かっていると思います。コースは日に日に難しくなっていますが、大きなピンチもなくしのげています。ティショットをフェアウエーに置いて、いかにいいところから2打目を打てるか。そうすればバーディが取れると思います。明日1日、少しでもよくなって、自分にとっていい一日にしたいですね」

増田伸洋(5位タイ、5バーディ、3ボギー、1トリプルボギーの73、通算4アンダー)
「ここ最近、アイアンショットが左に行くことがあって、それが16番(パー3)で出ちゃいました。左の崖下に落として、オーバーして……5オン1パット。三好の罠にはまりました。三好は何が起こるか分からないですから、もう1回締め直して明日頑張りたいと思います」

小田孔明(9位タイ、3バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの75、通算3アンダー)
「今日は自分が悪いです。1番でダブルボギーにしましたけど、すぐに戻せました。でも後半はダメ。17番でドライバーを持たないと決めていたのに、16番でボギーにして、ドライバーを持ってしまってミス(ダブルボギー)三好マジックですね。明日の天気を考えたらトップと5打差は何とかできる範囲だと思います」

藤本佳則(12位タイ、ノーバーディ、5ボギーの77、通算2アンダー)
「今日は疲れました……。明日? もう終わったかな(笑)。ゴルフの状態が全体的に悪いです。原因は、分かりません。とにかく今日はゆっくり休みます。それでまた明日……」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング