永井花奈さんがローアマ争いに一歩前進!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月4日 19時39分

最終日を首位に4打差で迎え、ローアマと優勝のダブルタイトルの可能性を残す永井花奈さん 日本女子オープン(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

日本女子オープン(10月2~5日、滋賀県・琵琶湖CC栗東・三上C、6522ヤード、パー72)

 今大会に出場している30人のアマチュアの中で、予選を通過したのは11人。その中でローアマチュア獲得に大きく前進したのが永井花奈さんだ。

 この日はスコアを3バーディ、3ボギーの72でイーブンとし、通算4アンダーの6位タイで最終日を迎える。

 今日は1番、5番、16番の3つのパー5でバーディを奪った。

「今日はバーディを取ったホールで、グリーンに乗せたショットはすべて52度のウェッジを使用したのですが、昨日からすごく調子がいいんです」

 とグリーン周りの精度に自信をのぞかせる。

 4日間大会では最終日に疲れが出たり、集中力が切れてきたりと、コンディション調整も戦いの要素の一つであるが、そこまで疲労はないようだ。

「3日間、プレーして足などの疲れはありませんし、回っているときも疲れはそこまで気になりません。ここまできたら、最終日もオーバーパーしないで回れたら最高です。まずは自分のゴルフの内容を充実させることに集中していきます」

 ローアマチュア獲得もそうだが、トップとは4打差で、優勝も狙える位置にいるだけに、その可能性も見逃せない。最終日の永井のゴルフに注目だ。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング