今平周吾、通算7アンダーでチャレンジ2勝目&賞金王に輝く!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月24日 15時4分

JGTO Novil FINAL(10月23~24日、千葉県・ザ・カントリークラブ・ジャパン、7211ヤード、パー72)

 24日、ジャパンゴルフツアー・チャレンジトーナメント最終戦、JGTO Novil FINALの最終日が行われ、首位タイからスタートした今平周吾が、5バーディ、2ボギーの69でラウンド。通算7アンダーをマークし、HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIPに続くチャレンジツアー2勝目を飾り、チャレンジ賞金王に輝いた。今平には来年1年間のレギュラーツアー出場権が与えられる。

 1打差の2位に、通算6アンダーで村上貢が入り、さらに1打差の3位に岸本翔太。初日トップタイ発進の北村晃一は通算4アンダーの4位タイ、内藤寛太郎、簗瀬元気、佐藤達也は通算3アンダーの11位タイに終わった。

 また、賞金ランキングも確定し、来年の第1回リランキングまでのレギュラーツアー出場優先権が与えられる2位から9位までは、順に、甲斐慎太郎、ピーター・ウィルソン、沖野克文、鈴木亨、津曲泰弦、正岡竜二、宮里聖志、秋吉翔太となった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング