最終日もサスペンデッド、森田遙さんは暫定19位

ParOn.(パーオン) / 2014年10月26日 21時12分

4ホールを残して中断となり、通算5アンダーの暫定19位タイに後退した森田遙さん ブルーベイLPGA(2014)(4日目) 写真・Getty Images

ブルーベイLPGA(10月23~26日、中国・ジャンレイク・ブルーベイGC、7000ヤード、パー72)

 大会最終日。荒天により54ホールに短縮された最終日も悪天候に見舞われ、最終組が前半を終えた時点で中断。約4時間の中断後ようやく再開されたが、最終組が13番を終えた時点で日没サスペンデッドとなった。明日27日にプレーが再開される。

 注目の森田遙さんは7アンダーの9位タイでスタート。5番、7番と2ボギーで前半を終えて後半に入ると、13番のボギーで通算4アンダーまでスコアを落としたが、続く14番でようやくバーディを奪い、これからというとろでサスペンデッド。明日は通算5アンダーの暫定19位タイから残り4ホールでスコアを伸ばして、上位フィニッシュを狙う。

 22位タイでスターとした野村敏京は、出だしから1番、2番で連続ボギーをたたくなど3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの76とスコアを4つ落として、通算1オーバーでホールアウト。暫定49位タイに後退している。

 イーブンパーの46位タイでインからスタートした上原彩子は、11番でバーディが先行すると14番もバーディを奪ったが、続く15番でダブルボギーをたたくと、18番もボギーで前半を1オーバー。後半も立て直せずに5番、6番の連続ボギーで75、通算3オーバーの暫定58位タイに沈んだ。

 首位タイでスタートしたリーアン・ペース(南アフリカ)が4バーディ、ノーボギーで13番を終え、通算15アンダーで暫定の単独首位に立っている。

 同じく首位のジェシカ・コルダは1バーディ、2ボギーと二つ落として13番を終え、通算10アンダーの暫定3位タイに後退。

 9アンダーの4位でスタートしたミッシェル・ウィーが、4バーディ、2ボギーで同じく13番を終え、通算11アンダーの暫定2位につけている。

 地元中国期待のフォン シャンシャンは13番を終えて、通算8アンダーの暫定7位タイに後退している。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング