岩田寛が3位タイに急浮上、トップはG・マクドウェル!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月7日 18時39分

岩田寛が猛チャージで3位タイに浮上! WGC-HSBCチャンピオンズ(2015)(2日目) 写真・Getty Images

WGC-HSBCチャンピオンズ(11月6~9日、中国・シャーシャンインターナショナルGC、7266ヤード、パー72)

 一気に34位もランクアップ。岩田寛が7アンダーの65をマークし、トップと4打差の通算6アンダーの3位タイに急浮上した。

 1オーバーの37位タイでインの最終組でティオフした岩田は、出だし3ホールでパーの後、13、14番で連続バーディを奪うと、16番でも再びバーディとして3アンダーでハーフターン。

 いい流れのまま迎えた後半でも、岩田のバーディラッシュは続いた。2、4番でバーディを奪い、上がりの3ホールでは16、17番で連続バーディ。最終ホールはパーだったものの、後半4アンダーをマークし、この日7アンダーのトータル6アンダーまでスコアを伸ばした。

 前日16番でトリプルボギーをたたき、2オーバーの42位タイだった松山英樹は、前半3バーディ、1ボギー、後半2バーディ、1ボギーで通算1アンダーの21位タイに浮上した。

 昨日に続き、スコアメークに苦しんだ竹谷佳孝は6オーバーの78で回り、通算11オーバーの73位タイに沈んだ。

 トップに立ったグレアム・マクドウェル(北アイルランド)は岩田と4打差の通算10アンダーだ。

「パターはとてもよかったが、ティショットで何度もフェアウエーをミスしたから、昨日と同じようなプレーではなかったです。昨日もいいましたが、フェアウエーキープはこのコース攻略のカギです。フェアウエーにボールを置ければチャンスをつかむことができます。今日は何度か運がよかった。そしていいパーセーブが何度かありました」

 続く、7アンダーの2位はイアン・ポールター(イングランド)で、岩田と同じく通算6アンダーの3位タイはバッバ・ワトソン(米国)だった。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング