【コメント集】上原彩子「結果に繋がっているので、手応えはあります」

ParOn.(パーオン) / 2014年11月9日 18時13分

今季初のトップ10フィニッシュに手応えを感じている上原彩子 ミズノクラシック(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

ミズノクラシック(11月7~9日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

上原彩子(5バーディ、1ボギー、68、通算10アンダー、4位タイ)
「バーディスタートで、いいパーセーブもありました。チャンスがあって、パッティングの感覚はいいですが、入りませんでした。悔しいけど、今年初めてのトップテンなので、そういう意味ではよかったと思います。後1試合、最終戦に出ますが、楽しみです。だんだん結果に繋がってきているので、手応えはあります」

横峯さくら(6バーディ、1ボギー、67、通算10アンダー、4位タイ)
「最後のパットが入ったらまだチャンスはあるかなと思っていました。あと1打、2打足りなかったのかなと思います。今週はパットに悩まされました。特にロングパットですね。もったいなかったです。ラインが読めませんでした。スタート前は緊張して、いいプレーができたり、できなかったりでしたが、頑張ったかなと思います」

カリー・ウェブ(7バーディ、3ボギー、68、通算10アンダー、4位タイ)
「プレーの内容よりもスコアはよかった。最終18番のボギーは残念だったし、11アンダーで終了したかった。3日間通してショットはよかったし、このコースは優勝もしたコースだったので、また来年、ここで今年の悔しい気持ちをぶつけたい。また戻ってきます」

ローラ・デービース(3バーディ、2ボギー、71、通算10アンダー、4位タイ)
「3日間通してよかった。満足している。ただ、今日のバックナインが悔しい。勝つチャンスがある選手は私も含めて大勢いた。朝は緊張していた。優勝を狙える位置だったので、緊張するのは当然。今日はパッティングがうまくいかなかった。最年長優勝の記録のことは気にしていなかった。これからもチャンスはあると思う。来年もまたこの経験を生かしてプレーしたい」

藤田幸希(1イーグル、4バーディ、1ボギー、67、通算10アンダー、4位タイ)
「ミズノクラシック自体が久しぶりの出場でしたが、3日間アンダーパーで回れたことがなかったので、すごく楽しかったです。チャンスにつけたパットは打てていたので、全体的にいいプレーでした。イーグルもありましたし、いい3日間でした。今年は最初からミズノクラシックとリコーカップに出ることが目標でした。去年の終盤戦はシード権争いでミズノクラシックどころではなかったので」

鈴木愛(4バーディ、4ボギー、72、通算9アンダー、13位タイ)
「きょうは 体調がひどかったです。昨日の夜から朝まで気持ち悪くて、ふらふらでした。プレーできるかどうかという感じでした。朝の練習で調子がよかったのですが、逆にそういう時は引っ掛けやすい日なのですが、そのとおりでした。薄めくらいのほうがラウンドではいい感じでプレーできるんです。今週は日本女子プロ選手権以来、久しぶりにいいゴルフができました」

イボミ(6バーディ、1ボギー、67、通算9アンダー、13位タイ)
「今日は風がなくてチャンスと思っていたので頑張りました。もうちょっとパットが入っていればとは思いますけど、5アンダーでいい感じでした。逆転できたらうれしいなと思っていましたが、最後まで自分のプレーができました。ショットの練習ばっかりしていたらショットはよくなりましたが、パットが悪くなったので、今週大山志保さんに教わったのがよかったです。ドンドンパッティングがよくなりました」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング