ニック・テイラーが逆転でツアー初優勝!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月10日 8時54分

カナダ出身の26歳、ニック・テイラーがプロ5年目でツアー初優勝を挙げた サンダーソンファームズ選手権(2015)(最終日) 写真・Getty Images

サンダーソンファームズ選手権(11月6~9日、米国ミシシッピ州・CC・オブ・ジャクソン、7354ヤード 、パー72)

 現地時間9日に行われた大会最終日。5位スタートのニック・テイラー(カナダ)が4打差を逆転し、通算16アンダーでツアー初優勝を挙げた。単独首位で出たジョン・ロリンズは、73とスコアを伸ばせず、通算13アンダーの4位タイで終わった。

 5位のニック・テイラーは、1番をバーディでスタートすると3番、5番とバーディを重ね、6番のボギーを挟んで7番、8番の連続バーディで前半を4アンダー。後半に入って13番からは3連続バーディを奪い、最終18番はボギーをたたいたものの、6アンダーの66をマーク。通算16アンダーと伸ばして首位との4打差を逆転、プロ5年目で念願のツアー初優勝を果たした。

 単独首位から5年ぶりの優勝を目指したジョン・ロリンズは、前半9ホールすべてパーと我慢のゴルフとなり、後半の11番でようやくバーディを奪ったが、続く12番からはボギー、バーディ、ボギーと波に乗れず、最終18番もボギーで終えて73、スコアを一つ落とすと通算13アンダーの4位タイに終わった。

 通算14アンダーの2位タイには66をマークしたブー・ウィークリーと69で回ったジェイソン・ボーンの二人が並んだ。

 ディフェンディングチャンピオンのウッディー・オースティンは、3バーディ、1ボギーの70、通算3アンダーの43位タイに終わり、大会連覇とならなかった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング