小平智、通算3アンダーで単独2位 米下部ツアー2次予選会

ParOn.(パーオン) / 2014年11月13日 10時56分

この日は肉1.4キロを完食し、英気を養う小平智

 現地時間12日、小平智が参戦している米下部ツアーの出場権を懸けた2次予選会(11月11~14日、米国テキサス州・ディアーウッドGC、7108ヤード、パー72)の第2ラウンドが行われ、スコアを一つ落として通算3アンダー、単独2位と好位置をキープしている。

 4アンダーのトップタイから出た小平は、この日はインスタート。11番(パー4)でボギー、13番(パー3)をバーディとした後の14番(パー5)でダブルボギーをたたき、気温5度の寒さと風に苦しめられ、前半は二つスコアを落として折り返した。

 後半に入って天候は回復したが、風が回り難しい状況が続く中、パープレーでしのぐ。6番(パー4)のボギーでさらにスコアを落としたが、7番(パー5)、8番(パー3)の連続バーディで取り戻し、トータル3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの73でラウンド。

「順位を落としたと思ったら2位でした。ピンの位置はとても難しいところばかりです」

 我慢のゴルフで上位をキープした小平。明日は氷点下の予報が出ており、寒さとの戦いは続くが、このまま上位をキープしたいところだ。

 なお、本会場では上位18位タイまでの選手が、12月に行われる最終予選会へ進出することができる。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング