首位はR・カブレラベロとH・ステンソンに!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月23日 11時19分

H・ステンソンが今季初優勝に向け、前進! DPワールドツアー選手権 ドバイ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

DPワールドツアー選手権 ドバイ(11月20日~23日、UAE・ジュメイラGエステーツ、7675ヤード、パー72)

 トップのスコアは通算14アンダー。首位スタートしたヘンリク・ステンソン(スペイン)とともにトップを分けたのはラファ・カブレラベロ(スペイン)だ。この日、7バーディのノーボギーで、前日の同7アンダーの5位タイから首位タイに躍り出た。

「今日はボクにとってとても特別だった。7アンダーの65というスコアにとても満足し、いい終わり方でした。でも、素晴らしいプレーをしていないと感じていたのも確かです。特に序盤で、頑張ってプレーしなければいけなかった。ところが、前半3アンダーで回ることできた。今日はボクの人生で一番ショートゲームがよかった日だったと思います。いいプレーをすれば、どんな相手にも勝つことができることは分かっています」

 一方、首位に並ばれたステンソンは、

「内容の濃い年ですが、まだ優勝トロフィーを取っていない。もし今大会で優勝できれば、今シーズンの成績の価値を高め、気持ちよくクリスマス休暇を取れます。3日目が終わりましたが、まだ18ホール残っています。ラファは今日、猛チャージをしたようなので、明日は厳しい戦いになるでしょう。ほかにも多くの選手が僅差でいるので、いいプレーが続けば首位をつかまえることができます」

 続く、通算11アンダーの3位はジャスティン・ローズ(イングランド)で、同10アンダーの4位タイにはビクター・デュビッソン(フランス)、タイレル・ハトン(イングランド)、トービヨン・オルセン(デンマーク)、そしてロリー・マキロイ(北アイルランド)が並んでいる。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング