松山英樹が16位に浮上 石川遼は103位まで後退

ParOn.(パーオン) / 2014年11月25日 6時0分

 23日付の最新ワールドランキングが発表され、日本勢は、ダンロップフェニックストーナメントを制した松山英樹が、前週から順位を4つ上げて16位で最高位。そのほか、小田孔明が前週から二つ順位を上げて54位、岩田寛が15ランクアップして63位に浮上、谷原秀人が二つ順位を下げて85位となった。また、石川遼が前週から5つ順位を下げて103位となり、約一年ぶりに100位圏内から脱落した。

 上位陣は、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が1位をキープし、DPワールドツアー選手権 ドバイを制したヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が、前週の4位から2位に浮上。アダム・スコット(オーストラリア)が3位、バッバ・ワトソン(米国)が4位にそれぞれ後退した。

※最新のランキングはコチラから↓↓↓
http://www.pargolf.co.jp/tour/ranking/world

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング