【コメント集】小田孔明「明日は7アンダーぐらいで回りたい」

ParOn.(パーオン) / 2014年11月27日 18時44分

賞金王を目指す小田孔明は初日13位タイのスタートとなった カシオワールドオープン(2014)(1日目) 写真・村上航

カシオワールドオープン(11月27~30日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

今平周吾(1位タイ、6バーディ、ノーボギーの66、6アンダー)
「厳しいパーパットを入れたり、パッティングがよく、しのげました。満点のプレーです。(チャレンジツアー賞金王の資格で)来年はツアーに出場できるので、とりあえずこの試合は行けるところまでいきたい」

高山忠洋(4位タイ、5バーディ、ノーボギーの67、5アンダー)
「例年グリーンは速いのですが、今年はそうでもありません。例年のスピードは体が覚えているので、その感覚を取るのに最初は時間がかかりました。(インスタートの)16番で、自分のイメージと違うタッチで打ったらきれいに入った。感覚を修正できたからノーボギーで回れました」

久保谷健一(4位タイ、7バーディ、2ボギーの67、5アンダー)
「ショットは曲がっているのですが、パッティングが入ってくれました。ラッキーゴルフです。僕にとっては最終戦なので、4日間やりたいという思いだけでゴルフをやっています。調子うんぬんよりも。とりあえず4日間やってしめたいですね」

冨山聡(4位タイ、5バーディ、ノーボギーの67、5アンダー)
「今日は満足のラウンドです。ティショットはそこまでよくなかたのですが、セカンドショットをグリーンに乗せて、手堅く2パットでいって、チャンスについたらバーディが取れたという感じです。シード権はがけっぷちなので、今週20位に入ったら賞金ランキング75位には入ると思うので、最低限、そこを目指しています」

小田孔明(13位タイ、3バーディ、ノーボギーの69、3アンダー)
「あと2つバーディ取れれば文句なかったんですけどね。ショットがよく、流れもよかったので残念です。体調も問題ありません。とりあえず今日の敵は明日取ります、明日は7アンダーぐらいで回りたい」

藤田寛之(38位タイ、1バーディ、ノーボギーの71、1アンダー)
「ショットの調子が上がってこないですね。ちょっとチャンスが少なかったですね。ティショットは右、アイアンショットは左右に行きます。ショットは20点。(左肩は)痛いといより重い感じです。気持ちはありますが、技術、調子がついてきてくれていない」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング