【コメント集】単独首位の片山晋呉「水瓶座が1位だったのがよかった」

ParOn.(パーオン) / 2014年11月28日 18時24分

左カカトを痛めているがショットの状態がよくて好結果につながった片山晋呉 カシオワールドオープン(2014)(2日目) 写真・村上航

カシオワールドオープン(11月27~30日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

片山晋呉(1位、8バーディ、ノーボギーの64、通算10アンダー)
「ショットがいい状態。フェアウエーにいったらピンを狙えています。でも、こういう(広い)タイプのコースは苦労するんですけど、今日はたまたま。(星座占いで)水瓶座が1位だったので、多分それじゃないかなと思います。2週前から左のカカトが痛くてなんとか歩いています」

李京勲(2位、8バーディ、1ボギーの65、通算9アンダー)
「今日はティショット、アイアンショットがすごく、バーディチャンスにつけられました。明日は片山(晋呉)さんと一緒の組ですが、上手くて有名な選手と回れるのはすごく光栄です。学ぶという気持ちで回りたい。欲を出すといつもうまくいかないので、あまり欲を出さずに、いつもどおり楽な気持ちでプレーしたい」

横田真一(3位タイ、3バーディ、1ボギーの70、通算8アンダー)
「今朝体が重くて、副交感神経優位で前半(1バーディ、1ボギー)はテンション落としすぎたかなと。昨晩、お酒を2杯飲んでしまって……。今日はもうちょっと節制して、体調万全で臨むのが一番大事。明日はテレビに映る位置でプレーしたいです」

高山忠洋(5位タイ、5バーディ、3ボギーの70、通算7アンダー)
「12番で2メートルのチャンスを外して、13番で1メートルを入れたけど、14番、15番と連続ボギー。エンジンが再点火した瞬間に空回りしてしまった。不完全燃焼ですね。位置はいいけど、点数としては50~60点ですかね。予選を通ったら全員にチャンスがあると思うので、しっかりと伸ばしていきたい」

今野康晴(5位タイ、5バーディ、1ボギーの68、通算7アンダー)
「全体的に調子がよく、特にパッティングがよかった。2位に入ればゴルフ日本シリーズJTカップのチャンスもあると思ってやっています」

重永亜斗夢(5位タイ、1イーグル、5バーディ、3ボギーの68、通算7アンダー)
「ツアーで初めてホールインワン(8番パー3)です。ギャラリーの歓声で分かりました。最低限の予選通過を果たしたので、ここからは自分らしくやっていきたい」

石川遼(21位タイ、2バーディ、ノーボギーの70、通算5アンダー)
「グリーンのスピードを合わせるのが難しい。ミスパットはしていないのですが、ちょっと(入るラインと)1本ずれているという感じです。いいゴルフはできているので、同じように続けていくしかない。明日は(首位と)5打差を縮めていって、最終日最終組で回れるように頑張りたい」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング