【中間速報】テレサ・ルーが首位キープ! 香妻琴乃は8位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年11月29日 12時57分

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月27~30日、宮崎県・宮崎CC、6428ヤード、パー72)

 大会3日目の前半が終了し、テレサ・ルー(台湾)が通算8アンダーで単独首位をキープ。香妻琴乃と渡邉彩香は通算4アンダーの暫定8位タイに後退。穴井詩が通算7アンダーの暫定2位。

 首位スタートのテレサ・ルーは5番でバーディが先行も、続く6番、7番と連続でボギーをたたき、9番のバーディでイーブンに戻して前半を終え、通算8アンダーの単独首位をキープしている。

 2位から出た香妻琴乃は1番をバーディスタートとしたが、4番でボギーをたたくと6番からは3連続ボギー、9番のバーディで前半を2オーバーで回り、通算4アンダーの暫定8位タイに後退。同じ組の渡邉彩香も二つ落として通算4アンダーの暫定8位タイに並んでいる。

 通算7アンダーの暫定2位に穴井詩、続く通算6アンダーの暫定3位には11番を終えたジョンヨンジュがつけている。

 通算5アンダーの暫定4位タイに原江里菜、イボミ、申ジエ、O.サタヤの4人。香妻、渡邉と並んで通算4アンダーの暫定8位タイには大山志保と成田美寿々。

 イーブンパーの17位からスタートした森田理香子が5バーディ、1ダブルボギーで16番までプレーを終え、通算3アンダーの暫定12位タイに浮上している。

 大会史上初のアマチュアで出場した勝みなみさんは、1番をバーディでスタートしたが、5番、6番で連続ボギーをたたくと後半も13番、14番で連続ボギー。3オーバーの75でホールアウトし、通算6オーバーの暫定27位タイで3日目を終えた。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング