横峯さくらは9位、森田遙さんと有村智恵は最終ラウンドへ進めず

ParOn.(パーオン) / 2014年12月7日 9時29分

米LPGAツアー ファイナルクォリファイングスクール(12月3~7日、米国フロリダ州・LPGAインターナショナルGC ジョーンズ&ヒルC)

 現地時間6日にファイナルQT4日目が行われ、通算2オーバーの65位タイまでが明日の最終ラウンドへ進出。横峯さくらは通算8アンダーの9位で最終日へ。森田遙さんは通算10オーバーの116位タイ、有村智恵は通算13オーバーの132位タイの終わり、最終ラウンドへ進むことができなかった。

 3日目6アンダーで7位に浮上した横峯さくら。ヒルCの1番をボギーでスタートしたが、続く2番をバーディで取り戻すと、4番で二つ目のバーディを奪って前半を1アンダー。後半は17番までパーを重ね、我慢のゴルフとなったが最終18番をバーディで締めくくり、70でホールアウト。通算8アンダーの9位タイで最終ラウンドへコマを進めた。

 初日24位と好スタートを切りながら2日目72と伸ばせず、3日目は79と崩して102位と大きく順位を落とした森田遙さん。ヒルCのインスタートで10番をバーディとしたが、12番から3連続ボギーをたたくと、後半も3番、4番で連続ボギーと悪い流れを絶ちきれず、2バーディ、6ボギーの76と4つ落とし、通算10オーバーの116位タイで最終ラウンドへ進めなかった。

 3日間調子の上がらない有村智恵は、ジョーンズCのインからスタートし、11番でボギーが先行。18番のバーディでイーブンに戻したが、後半4番をボギーとし、一つスコアを落として73、通算13オーバーの132位タイで、最終ラウンドに進むことができずに終了した。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング