小田孔明は崩れて46位に後退、片岡大育と市原弘大が13位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2014年12月13日 18時33分

初日から74、73、71と徐々にスコアを上げて13位タイに浮上した片岡大育 タイランドゴルフ選手権(2014)(3日目)

タイランドゴルフ選手権(12月11~14日、タイ・アマタスプリングC、7488ヤード、パー72)

 大会3日目。9位スタートの小田孔明は79と崩れ、通算7オーバーの46位タイに後退した。片岡大育と市原弘大通算2オーバーで13位タイに浮上。岩田寛も69をマークして通算3オーバーの21位タイに順位を上げている。

 イーブンパーの9位から出た小田孔明は、前半を2オーバーで折り返し、11番でようやくバーディを奪ったものの12番、13番で連続ボギーをたたくと、続く14番ではダブルボギー、さらに16番、17番も連続ボギーと最後まで流れをつかむことができず、79でホールアウト。通算7オーバーの46位タイに大きく後退した。

 2日目に68の好スコアをマークした市原弘大がイーブンパーの72で回り、1アンダーの71をマークした片岡大育と並んで13位タイに浮上した。

 また、78をたたいて53位に後退した岩田寛が、この日は5バーディ、2ボギーの69をマークして、通算3オーバーの21位タイに浮上した。

 首位は2位から出たマーカス・フレイザー(オーストラリア)の通算5アンダー。68で回ったアニルバン・ラヒリ(インド)が1打差の通算4アンダーで2位につけている。3位は今年の全米オープン覇者のマーティン・カイマー(ドイツ)。

 セルジオ・ガルシア(スペイン)は通算1オーバーの10位タイ、バッバ・ワトソン(米国)は通算7オーバーの46位タイに後退した。

【3日目・日本人選手の成績】

順位/選手名/初日/2日目/3日目/スコア

13位タイ/片岡大育/74/73/71/通算2オーバー
13位タイ/市原弘大/78/68/72/通算2オーバー
21位タイ/岩田寛/72/78/69/通算3オーバー
31位タイ/川村昌弘/72/74/74/通算4オーバー
46位タイ/片山晋呉/75/75/73/通算7オーバー
46位タイ/小田孔明/74/70/79/通算7オーバー
67位タイ/塚田好宣/75/72/79/通算10オーバー

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング