イ ボミが混戦を抜け出して単独首位! 1打差の2位に渡邉彩香ら3人

ParOn.(パーオン) / 2015年8月29日 18時31分

単独首位で今季3勝目に王手をかけたイ ボミ ニトリレディスゴルフトーナメント(2015)(2日目) 写真・佐々木啓

ニトリレディスゴルフトーナメント(8月28日~30日、北海道・小樽CC、6483ヤード、パー72)

 大会2日目。イ ボミ(韓国)が通算6アンダーの単独首位で今季3勝目に王手。1打差で通算5アンダーの2位タイに渡邉彩香、全美貞(韓国)、穴井詩の3人が並んだ。前年優勝の申ジエ(韓国)は体調不良のため棄権している。

 首位に6人が並ぶ大混戦で迎えた2日目。首位タイでスタートしたイ ボミが2番、3番の連続バーディで前半を二つ伸ばすと、後半も16番、17番で連続バーディ。最終18番をボギーとしたものの、4バーディ、1ボギーの69、通算6アンダーの単独首位に立ち、今季3勝目に王手をかけた。

 18位タイからスタートした穴井詩がこの日のベストスコア67をマークして、スコアを5つ伸ばし、通算5アンダーの2位タイに浮上。首位タイから出た渡邉彩香と全美貞が70で回って、同じく通算5アンダーの2位タイに並んだ。

 原江里菜は2バーディ、2ボギーの72とスコアを伸ばせず、通算3アンダーの5位タイに後退。成田美寿々は75、松森彩夏は78と崩れ、それぞれ14位タイ、30位タイに後退した。

 38位タイの吉田弓美子と香妻琴乃がスコアを伸ばし、吉田は5バーディ、ノーボギーの67で回り、通算3アンダーの3位タイ。香妻は6バーディ、2ボギーの68と4つ伸ばし、通算2アンダーの7位タイに浮上した。

 地元北海道出身で期待の藤田光里と菊地絵理香の二人。藤田は5バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの72と伸ばせず、通算3オーバーの30位タイ。菊地も73でスコアを一つ落とし、通算4オーバーの46位タイで2日目を終えた。

 また、ディフェンディングチャンピオンの申ジエは第2ラウンド開始前に体調不良を理由に棄権をしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング