A・アーンストが今季初優勝に王手! 野村は21位タイ、横峯は38位タイで最終Rへ

ParOn.(パーオン) / 2015年8月31日 2時23分

今季初優勝、通算2勝目に王手をかけたオースティン・アーンスト ヨコハマタイヤLPGAクラシック(2015)(3日目) 写真・Getty Images

ヨコハマタイヤLPGAクラシック(8月27日~30日、米国アラバマ州・RTJGトレイルセネターC、6599ヤード、パー72)

 現地時間30日。早朝に再開された第3ラウンドが終了。オースティン・アーンストが通算13アンダーの単独首位に立ち、今季初優勝に王手をかけた。野村敏京は通算4アンダーの21位タイ。横峯さくらは通算2アンダーの38位タイで最終ラウンドへ進んだ。

 2日連続でサスペンデッドとなった第3ラウンドが早朝7時30分に再開。暫定首位のオースティン・アーンストは5番からプレーを再開し、7番、9番、16番でバーディを奪うと、4バーディ、ノーボギーの68をマーク。通算13アンダーの単独首位に立ち、今季初優勝、ツアー通算2勝目に王手をかけた。

 同じ最終組のヤニ・ツェン(台湾)は3バーディ、2ボギーの71でホールアウトし、通算11アンダー。レキシー・トンプソンと並んで2位タイ。

 今季2勝を挙げているツアールーキーのキム・セヨン(韓国)、クリス・タムリスの二人が通算10アンダーの4位タイに並んだ。

 暫定15位タイの横峯さくらは、プレーを再開した8番でボギーをたたくと後半も12番、15番をボギーとしてトータル1バーディ、4ボギーの75。スコアを3つ落とし、通算2アンダーの38位タイに後退した。

 同じく暫定15位タイでプレーを再開した野村敏京は、11番、14番のバーディで一時は通算7アンダーまで伸ばしたものの、15番から3連続ボギーをたたき、5バーディ、4ボギーの71でホールアウト。通算4アンダーの21位タイで最終ラウンドへ進んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング