松山英樹は6位タイで最終日へ! 単独首位はH・ステンソン

ParOn.(パーオン) / 2015年9月7日 7時55分

首位に5打差の6位タイと久しぶりに優勝を狙える位置で最終日を迎える松山英樹 ドイツ銀行選手権(2015)(3日目) 写真・Getty Images

ドイツ銀行選手権~プレーオフ第2戦~(9月4日~7日、米国ニュージャージー州・TPCボストン、7242ヤード、パー71)

 現地時間6日に行われた大会3日目。松山英樹は69で回り、首位に5打差の通算8アンダーで6位タイに浮上。ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が通算13アンダーの単独首位、リッキー・ファウラーが通算12アンダーの2位につけた。

 最終日の優勝争いを見据え、10位タイからスタートした松山英樹。1番で3.5メートルのバーディパットを外すと、2番からはチャンスにつけられず我慢のゴルフとなり、ようやく9番で2.5メートルのチャンスを沈めて初バーディ。前半を1アンダーで折り返すと10番で5.5メートルを沈めて連続バーディ。

 しかし、14番でティショット、セカンドショットとミスが重なって4オン1パットのボギーをたたき、続く15番で取り戻したものの、16番パー3でティショットを右のラフに入れてボギー。いやな流れになりかけたが、最終18番パー5で6メートルに2オン成功し、イーグルとはならなかったがバーディフィニッシュ。4バーディ、2ボギーの69、通算8アンダーで首位に5打差の6位タイに浮上した。

 7位タイからスタートした2013年の年間王者ヘンリク・ステンソンが、1イーグル、4バーディの65をマークして通算13アンダーの単独首位に立ち、2年ぶりのツアー5勝目に王手をかけた。4バーディ、ノーボギーの67で回ったリッキー・ファウラーが通算12アンダーで単独2位。ショーン・オヘア、マット・ジョーンズ(オーストラリア)が通算11アンダーの3位タイに並んだ。

 フェデックスランキング1位に立ち、2週連続優勝を狙うジェイソン・デイ(オーストラリア)は、3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを二つ落とし、通算4アンダーの25位タイに後退。世界ランキング1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)も3バーディ、3ボギーの71と伸ばせず、通算2オーバーの64位タイで3日目を終えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング