菊地絵理香、完全V!日本勢連敗を“8”で止め「すごくうれしい」

ParOn.(パーオン) / 2017年3月19日 15時50分

自身2度目の完全Vで通算3勝目を挙げた菊地絵理香 Tポイントレディス ゴルフトーナメント(2017)(最終日) 写真・鈴木祥

<Tポイントレディス 最終日◇19日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,397ヤード ・パー72)>

国内女子ツアー「Tポイントレディス」の最終日。全選手がこの日の競技を終え、菊地絵理香が5バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。トータル14アンダーで完全優勝を達成し、昨年から続く日本勢の連敗記録を“8”で止めた。

前半でスコアを2つ伸ばした菊地は、後半でも2つのバーディを奪取。ツアー初勝利を挙げた2015年の「バンテリンレディス」以来となる完全勝利で通算3勝目に華を添えた。

ラウンド後のインタビューでは「本当にすごくうれしいです。もっともっとたくさん練習して、ギャラリーの皆さんに勝っている姿をたくさん見せたいです」とコメント。今シーズンの活躍をファンに誓った。

5打差2位に渡邉彩香、6打差3位にペ ヒキョン(韓国)、7打差4位に全美貞(韓国)が続いた。

今季初勝利を狙ったイ ボミ(韓国)はトータル3アンダー15位タイ、昨年覇者の大江香織はこの日“77”の大叩きでトータル2オーバー36位タイと下位で大会を終えた。

【最終日の結果】
優勝;菊地絵理香(-14)
2位:渡邉彩香(-9)
3位:ペ ヒキョン(-8)
4位:全美貞(-7)
5位T:上田桃子(-6)
5位T:アン ソンジュ(-6)
5位T:福田真未(-6)
8位T:下川めぐみ(-5)
8位T:鈴木愛(-5)
8位T:イ ミニョン(-5)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・菊地絵理香が日本勢の連敗を“8”で止める「いい意味で危機感を持って」
・渡邉彩香、菊地の安定感に脱帽「ボギーを打つ要素がなかった」
・上田桃子が2週連続のトップ10フィニッシュ「迷いがなくなった」
・日本初参戦のイ・ミニョンは腎臓がん克服した“不屈のゴルファー”「きつねそばが大好き(笑)」
・表純子、ホールインワン賞300万Tポイントの使い道は?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング