J・コルダが単独首位 畑岡奈紗は5差7位で決勝Rへ

ParOn.(パーオン) / 2018年4月28日 11時43分

美人ゴルファー、ジェシカ・コルダが単独トップで大会を折り返した LPGAメディヒール選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images

<LPGAメディヒール選手権 2日目◇27日◇レイク・マーセッドGC(6,507ヤード・パー72)>

米国女子ツアーの新規大会「LPGAメディヒール選手権」2日目の競技が終了。今季2勝目を狙うジェシカ・コルダ(米国)がトータル9アンダー・単独首位に立っている。

1打差2位にアニー・パーク(米国)、2打差3位にチャーリー・ハル(イングランド)が続いた。

今季8戦目の畑岡奈紗は4バーディ・1ボギーの「69」でラウンドして、トータル4アンダー・7位タイでフィニッシュ。スコアを3つ伸ばしたものの、首位との差は3打から5打に広がっている。上原彩子は4バーディ・4ボギーのイーブンでラウンドし、トータル1アンダー・27位タイで決勝ラウンドに進出した。

2週連続優勝を狙うモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)はトータル5アンダー・5位タイの好位置。今週から世界ランク1位の座についているインビー・パーク(韓国)は、トータル1アンダー・27位タイとしている。また、日本ツアーを主戦場としているセキ・ユウティン(中国)はトータル13オーバーで予選落ちを喫した。

【2日目までの順位】
1位:ジェシカ・コルダ(-9)
2位:アニー・パーク(-8)
3位:チャーリー・ハル(-7)
4位:リディア・コ(-6)
5位T:モリヤ・ジュタヌガーン(-5)
5位T:キム・セヨン(-5)
7位T:畑岡奈紗(-5)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング